トータルカーケアへのこだわりから、コーティングやフィルム加工のショップ「S.TECH」を併設しています。
三洋自動車株式会社 契約・作業の流れ
ロータスクラブ
販売 サービス S★TECH
HOMEへ
お問い合わせフォームへ 取り扱いブランド・取引業者

保険について 

保険について

ここ数年、交通事故による死者数は減少傾向にあります。1996年に年間の交通事故死者が1万人を下回ってからというもの、死者数はコンスタントに減り続け、2001年は8747人。初めて9000人を下回りました。しかし、だからといって単純には喜んでいられないのが現実です。
  実は、警察庁が公表している死者数は、事故発生から24時間以内に死亡した人数で、2日後や3日後に亡くなった人の数は含まれていません。ちなみに、2001年の30日死者(交通事故から24時間経過後30日以内に死亡した人数)は、1313人。合計すると、30日以内に交通事故で亡くなった人は10060人にのぼるのです。

また、厚生労働省の統計では、その年に交通事故を直接原因として死亡した人数をすべて計上しているのですが、それは警察庁発表の死者数より約4000人も多くなっています。
 また、人身事故そのものの発生件数と負傷者数は、ここ数年、史上最悪の記録を更新中で、2000年はついに負傷者が115万人を超えてしまいました。これは日本の国民の100人に1人が、1年に1回、何らかのかたちで交通事故の被害に遭っているということ。交通事故は決して他人事ではありません
交通事故が起きると、必ず金銭的な損害が発生します。たとえば、クルマがつぶれたら修理代がかかるし、人がケガをしたら治療費がかかります。また、万一、被害者が死亡するようなことになれば、遺族への補償をしなければなりません。つまり、交通事故の後には、例外なく「お金」の問題が発生するわけですが、そういったリスク(危険)を前提に作られたのが自動車保険なのです。

「自分に限って交通事故なんて起こすわけない……」
 多くのドライバーは、心のどこかでそう思っていることでしょう。いや、そう思っていなければ、ハンドルを握ることなどできないかもしれません。しかし、交通事故という悲劇は、かなりの確率で、あなたのすぐそばに忍び寄っているのです。

自動車・火災保険資格者
特級(一般) 1 名
上級(株式会社損保ジャパン日本興亜) 2 名

三洋自動車ではお客様の安心を考えて特別な資格者を二名常駐しています。
自動車事故、火災保険での相談がございましてら気軽に御一報下さい。



日々のニュースメニュー
新車情報
中古車情報
社長の部屋
社員の仕事ぶり
日々のニュース一覧へ